B-BicKは薬局業務を支援する強力なツールです。



薬局業務をサポートするいろいろな機能がありますが、その中でも後発品に関する機能は強力です。

後発品を選択するためのいろいろな情報収集から患者さんに渡すための資料、さらに医師への変更報告まで
簡単に作成できます。一度使いはじめると手放せなくなります。

下越薬剤師会、さいたま市薬剤師会で採用され100薬局以上で使われています。
保険薬局なら無料で利用できます。

内容

B-BicKの特徴

B-BicKのダウンロード

パソコンを入れ替えた時等のデータの移行方法

経過措置等で提出用備蓄リストが作成できない場合

更新申し込みについて

集計ソフトについて


B-BicKの特徴
〇近くの薬局に分割販売をお願いする際の分割販売依頼書を簡単に作成できる。
(開設許可番号等も登録することで自動で印刷できます。)
(麻薬の場合、麻薬譲渡書も自動で作成します。)


〇後発品の検索が簡単にでき、変更価格差や医師への変更報告書も印刷できる。
(剤型の異なる後発品の検索や一般名報告書もOKです。)



〇薬局の在庫を入力することで、棚版表や棚卸表が印刷できる。

各々の薬局の備蓄在庫や不動薬を共有することにより次のことも可能です。

〇在庫のない医薬品が近くの薬局にあるかがすぐにわかる。



〇不動薬を集計することにより、期限が切迫した薬品の販売を依頼できる。

これには薬剤師会等、データを管理する管理者とパソコンが必要です。


B-BicKのダウンロード
下のダウンロード用のファイル名をクリックします。
保存するか実行するか聞いてくるので保存(S)をクリックします。
注意:ダウンロード後に「ダウンロードしたユーザー数が少ないため、デバイスに問題を起こす可能性があります。」と
表示された場合は、「実行」もしくは「保存」を選択して下さい。
その後も「WindowsによりPCが保護されました」の表示が出たら、その下の「詳細情報」をクリックすると実行ボタンが
現れます。


保存先を開き、中のBBick52.EXEをダブルクリックするとインストールが始まります。

途中で警告が出ても無視して進めて下さい。


デスクトップのできたインストールマニュアルを読んでからB-Bickのショートカットをダブルクリックします。
その後はOKをクリックして初期化を行ってください。その後はデスクトップの各マニュアルをご覧ください。
初期化の際に、「'分割備蓄.xlsm'の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り回復しますか...」の警告が出る
場合があります。その際は「はい」をクリックして下さい。

最新バージョン
BBick52.exe  ダウンロード

変更点
備蓄在庫シートに移ったときにパスワードを求められる場合のある不具合に対応しました。
後発品変更報告書を作成の際、医師名等のダブルクリックで選択できるように改善しました。
生年月日以外を西暦表記に変更しました。

〇BBick52.exeでうまくインストールできない場合は下のバージョンをお使い下さい。
旧バージョン
以前のバージョンです。ウイルスチェックソフトではねられることがあります。その場合は一時的にファイアウォールを
オフにしてインストールしてください。
BBick499.exe

それでもインストールがうまくいかない場合は旧インストーラの、下のバージョンをお使い下さい。
BBick498Z.exe


パソコンを買い換えた場合のデータの移行のやり方

(令和2年1月でのWindows7のサポート終了に伴い、パソコンを入れ替える方も多いと思います。)
まずC:ドライブの\My Documentフォルダを確認して医師マスターと在庫用備蓄リストが保存されていることを確認します。
C:ドライブの\My DocumentフォルダをフォルダごとUSBメモリー等にそっくりコピーします。
新しいパソコンにそのUSBメモリーを挿入してC:ドライブの同じ場所に\My Documentフォルダをコピーします。
最新のB-BicKをダウンロードしていつものようにインストールして初期化します。
これでデータの移行ができます。 複数のパソコンで使用する場合も同様にしてください。

〇買い替え時の注意
Office の 64ビット版では動きません。
パソコンを買い換えるときはOfficeが32ビット版であることを必ずご確認ください。
Windowsは64ビット版でも構いません。




以前のバージョンをお使いの方へ
最初にアンインストールするか聞いてこないことがあります。その場合は旧バージョンのままで上書きされていません。
その場合は、何度かインストールを繰り返すとアンインストールするか聞いてきます。 
必ずアンインストールしてから続きのインストールを行ってください。

注意:在庫ブックをご使用の場合は以前のデータがインストールの際に削除されてしまいます。 
C:\My Documents\分割販売にある在庫ブック.xls を必ず C:\My Documentsに移動してからインストールしてください。


経過措置終了に伴う薬品名の変更の対策方法 

経過措置終了品目は、自動的に新しい名称に変更するようにしていますが、薬品マスター変更後に提出用備蓄リストが
作成できない場合は、以下の処理を行って下さい。

1.備蓄在庫メニューの1番の「最新備蓄マスターの読込」を行う。
2.続いて、2番の「前回の提出用備蓄リストの読込」を行う。
3.3番の「このメニューを閉じて備蓄データを入力」をクリック



ここで備蓄在庫を入力する際に新名称品に自動で置き換わりますが、まれに備蓄リストの新名称となった薬品名を自分で
変更しなければならないことがあります。
薬品マスターの更新後、次の操作で新しい薬品名に変更して下さい。

4.備蓄在庫シートに#N/Aエラーの出ている品目の在庫チェックをDeleteキーで削除する。
5.正しい品名があるはずなので、あとからその在庫チェックに1を入れる。
その後はいつものように提出用備蓄リストを作成して送信してください。

更新申込みについて
B-BicKは初回インストール後、11か月すると更新申込みのお願いが表示されます。。
継続して使用する場合はオンラインで更新申込みをお願いします。
これは現在使用中であることをこちらで確認するためのものです。
B-BicKはフリーウェアで利用は無料ですが、備蓄検索を行っている薬剤師会からは集計ソフトのデータ更新料を
利用件数に応じて頂いています。
備蓄検索を行っている薬剤師会の年間のデータ更新料は1店舗あたり4800円です。



県薬、支部の関係者のみなさんへ
集計ソフト
B-BicK Masterについて

あなたの周りの薬局さんにB-BicKが広まり、各薬局さんがの自分の在庫薬品の備蓄リストを入力するようになるとそれを
送信するだけで備蓄検索が可能となります。
また、各薬局さんの不動薬リストを集計して会員に配布し、再販売することも可能です。
そのためには、それらのデータをする集計ソフトが必要です。
この集計ソフトB-BicK MasterはMicrosoft Accessというデータベースソフトで作成されており、インターネットが繋がり
Microsoft Access2013以降が動くパソコン1台があれば、導入できます。
B-BicK Masterの備蓄在庫集計や不動薬集計作業はボタンを数回クリックするだけでだれでも簡単にできます。
現在、下越薬剤師会とさいたま市薬剤師会、上越市薬剤師会がそれぞれB-BicK Masterを導入しています。
B-BicK Master自体は無料なのでやってみたいと思う薬剤師会や支部は下越薬剤師会までご連絡下さい。

連絡先 0254-26-8931 五十嵐まで